goto文の使い方【C#】
Category:C#    投稿日:2012年01月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加
▼フローチャート(1)

 

▼記述方法(1)
goto ラベル名;

ラベル名:

 

▼サンプルコード(1)
using System;

class sample
{
    static void Main()
    {
        int val = 0;
        goto Move;
        val = 7;
    Move:

        Console.WriteLine(val);
    }
}

 
 

▼フローチャート(2)

 

▼記述方法(2)
ラベル名:

goto ラベル名;

 

▼サンプルコード(2)
using System;

class sample
{
    static void Main()
    {
        int val = 1;
    Move:
        if (val <= 10)
        {
            Console.WriteLine("カウント回数:" + val);
            val++;
            goto Move;
        }
    }
}
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です