FuelPHP セッション管理方法
Category:PHP    投稿日:2015年06月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加
環境

FuelPHP:1.7.3
Mac:10.9.5

概要

 FuelPHPでセッションを管理する方法がいつくつかあるのでメモしておく。FuelPHPは、デフォルトの場合、セッションをCookieで管理している。ちなみに、今回はあまり関係してこないが、FuelPHPは、PHPのセッション機能を使用せず独自の方法でセッションを管理しています(Cookieに保存するセッションデータは暗号化しています)。

 

事前準備

 「fuel/app/config」内に「session.php」が無い場合、「fuel/core/config/session.php」からコピーしてくる。

 

ファイルで管理する方法
	// expire sooner because it's not updated when it's not used. note that auto-initializing always loads the default driver
	'auto_initialize'	=> true,

	// if no session type is requested, use the default
-	'driver'			=> 'cookie',
+	'driver'			=> 'file',

	// check for an IP address match after loading the cookie (optional, default = false)
	'match_ip'			=> false,

上記のように変更することでセッションがファイルで管理される。

 

DBで管理する方法
	// expire sooner because it's not updated when it's not used. note that auto-initializing always loads the default driver
	'auto_initialize'	=> true,

	// if no session type is requested, use the default
-	'driver'			=> 'cookie',
+	'driver'			=> 'db',

	// check for an IP address match after loading the cookie (optional, default = false)
	'match_ip'			=> false,

ファイルを上記のように変更し、

	php oil r session:create

上記コマンドで、セッションを管理するためのテーブルを作成する。
以上でセッションがDBで管理されるようになる。
ちなみに、セッションで使用するテーブルの定義は、「fuel/core/tasks/session.php」に記述されている。create以外にもremove, clearがある。

 

補足
	php oil r session:create

上記コマンドで生成されるテーブル定義は以下の通りです。

CREATE TABLE `sessions` (
  `session_id` varchar(40) NOT NULL,
  `previous_id` varchar(40) NOT NULL,
  `user_agent` text NOT NULL,
  `ip_hash` char(32) NOT NULL,
  `created` int(10) unsigned NOT NULL,
  `updated` int(10) unsigned NOT NULL,
  `payload` longtext NOT NULL
) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8;

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です