FuelPHP ログ出力
Category:PHP    投稿日:2015年10月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加
環境

FuelPHP: 1.7.3

 

ログ出力

FuelPHPには、4種類(error, warning, debug, info)のログレベルがある。そして、出力レベル(Fuel::L_ALL, Fuel::L_INFO, Fuel::L_DEBUG, Fuel::L_WARNING, Fuel::L_ERROR)を設定ファイルで選択することが可能である。

 

4種類のログレベルの記述方法
Log::error("errorログ");
Log::warning("warningログ");
Log::debug("debugログ");
Log::info('infoログ');

4種類のログレベルを各出力レベルで実行してみる。

出力レベル変更
	'log_threshold'    => Fuel::L_ALL,

上記の行を変更することで、出力するログレベルを変更することが可能。

「Fuel::L_ALL」の場合
ERROR - 2015-09-04 11:17:08 --> errorログ
WARNING - 2015-09-04 11:17:08 --> warningログ
DEBUG - 2015-09-04 11:17:08 --> debugログ
INFO - 2015-09-04 11:17:08 --> infoログ

と出力される。

「Fuel::L_INFO」の場合
ERROR - 2015-09-04 11:18:01 --> errorログ
WARNING - 2015-09-04 11:18:01 --> warningログ
INFO - 2015-09-04 11:18:01 --> infoログ

と出力される。

「Fuel::L_DEBUG」の場合
ERROR - 2015-09-04 11:25:29 --> errorログ
WARNING - 2015-09-04 11:25:29 --> warningログ
DEBUG - 2015-09-04 11:25:29 --> debugログ
INFO - 2015-09-04 11:25:29 --> infoログ

と出力される。

「Fuel::L_WARNING」の場合
ERROR - 2015-09-04 11:26:56 --> errorログ
WARNING - 2015-09-04 11:26:56 --> warningログ

と出力される。

「Fuel::L_ERROR」の場合
ERROR - 2015-09-04 11:28:22 --> errorログ

と出力される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です