if文の使い方【PHP】
Category:PHP    投稿日:2012年01月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加
▼フローチャート

 

▼記述方法

パターン(1)

<?php
if (条件式)
{
   処理1;
   処理2;
}
?>

パターン(2)

<?php if (条件式) { ?>
   処理1
   処理2
<?php } ?>

パターン(3)

<?php if (条件式) : ?>
   処理1
   処理2
<?php endif; ?>

 

※条件式は、関係演算子と論理演算子を使い組み立てます。
※詳しくはこちらの記事で→関係演算子と論理演算子【php】

 

▼サンプルコード

パターン(1)

<?php
if ($val == 7)
{
  echo "valは7に等しい";
}
?>

パターン(2)

<?php if ($val == 7) { ?>
  valは7に等しい
<?php } ?>

パターン(3)

<?php if ($val == 7) : ?>
  valは7に等しい
<?php endif; ?>
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です