PHP実行方法
Category:PHP    投稿日:2012年03月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加
▼手順1

 まず、C:\xampp\htdocsの中にフォルダを作成しましょう(XAMPPをデフォルトの状態でインストールした場合)。名前は自由につけてください。今回は、phpという名前のファイルを作成します。

 

▼手順2

 phpフォルダの中で右クリックを押し、テキストドキュメント(メモ帳)を作成してください。下記の画像のように拡張子「.txt」が表示されていない場合、Windowsの設定で拡張子が表示されるように変更してください。

 

▼手順3

 テキストドキュメントの名前をすべて選択し「test.php」と書き換えましょう。

 

▼手順4

 書き換えようとすると、下記のような警告が出ます。「はい」をクリックしてください。これでPHPファイルの完成です。

 

▼手順5

 test.phpを開き、下記のようなコードを打ち込み保存してください。

<?php
  echo "hello world";
?>

 

▼手順6

 XAMPPを起動させURLにhttp://localhost/php/test.phpと打ち込み、「hello world」と表示されれば、PHPの実行は成功です。

 

▼最後に

 PHPの実行方法は分かりましたか?今回は、「hello world」と表示させただけですが、<?php ?>の中にif文やfor文などを使うことで色々なプログラムを作成することができます。

  // ex)
  <?php
    $a = 1;
    if ( $a == 1 ) {
      echo "aの値は、1です。";
    }
  ?>
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です