XAMPPセキュリティ設定
Category:PHP    投稿日:2012年03月09日
このエントリーをはてなブックマークに追加
▼手順1

 左サイドにある「セキュリティ」をクリック。

 

▼手順2

 「http://localhost/security/xamppsecurity.php」をクリックします。

 

▼手順3

 上の2つのテキストボックスに、MySQLのパスワード(2つ目は、確認用)を入力します。そしたら、「パスワードを変更しました。」をクリックすればMySQLのパスワードの設定は完了。

 

▼手順4

 先ほどの画面下の2つのテキストボックスには、XAMPPを起動させるとき用の「ユーザ」と「パスワード」を入力します。入力したら、「安全なXAMPPディレクトリを作成してください。」をクリックし、設定完了。

 

▼手順5

 左サイドにある「セキュリティ」をクリックすると、先ほど要注意と表示されていた上3つの対象のステータスが安全になっているはずです。

 

▼手順6

 それでは動作の確認をしてみましょう。XAMPP Control Panelを開き、MySqlの右にある「start」をクリックし起動させたら、そのまた右にある「Admin…」をクリックしてください(MySqlが起動したままだった場合、「stop」を押して、起動しなおしてください)。そうすると、ログイン画面が出てくるので、ユーザ名に「root」と入力し、パスワードに先ほど設定したパスワードを入力すれば、ログインできます。

 

▼手順7

 次は、XAMPPを起動するときにロックがかかっているか確認してみましょう。XAMPP Control PanelのApacheを起動しなおしてください(「stop」を押し、「start」をクリックする)。そしたら、Apacheの「stop」の右にある「Admin…」をクリックしてください。そうすると、ログイン画面が現れるはずです。設定したユーザ名とパスワードを入力すれば、XAMPPが起動します。(ログインフォーマットは、ブラウザによって異なります。ちなみに、このログイン画面は、Chromeです。)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です